起業・会社設立手続きで使ったサービス

会社設立にあたって、使ったサービスを記そうと思います。

設立を税理士さんに依頼した理由

まずは、法人登記にあたってはベンチャーサポート税理士法人さんにお願いをしました。理由は、3つほどあります。

1.トータルで考えて、自分で作るより安かったから

1点目は、自分で作る場合は約24万円。依頼すると約25万円。高くなってるじゃんと思うかもしれませんが、法人の印鑑をベンチャーサポートさん経由で依頼すると、普通に依頼するより2万円ほど安かったので、トータルで1万円のコストメリットがあります。
また、会社設立後、経理代行や節税などの相談を税理士顧問契約という形で依頼できるのですが、設立を依頼することで約5万円分、税理士顧問契約を実質無償で受けられるということで、これも依頼しました。1ヶ月前解約予告なので、やっぱり自分たちで経理処理等はやろうかなという場合でも問題ありません。

2.急いでいたのでミスをしたくなかったから

2点目は、前の投稿で設立の経緯を書きましたが、サービスリリース日を決めて、「あれ?意外とすぐだね」となって、急いで設立の手続きを進めました。入金、出金には当然口座が必要で、口座を作るためには会社が必要でと、なんだかんだ1ヶ月は見ておかないといけません。スケジュール的にパツパツだったので、ミスをして書類の提出し直しが発生すると結構痛い・・。そういう計画の甘さからくる理由もありました。

3.以前から相談に乗ってもらっていて信頼していたから

3点目ですが、実は約20万円で会社設立代行をしてくれるところもあります。自分で作ると24万円なのに何で?と思うかもしれませんが、電子定款にすることで、印紙が不要になり4万円浮くのです(個人でやる場合は電子定款は難しいらしい)。つまり、この20万円のサービスは手数料ほぼ無料で設立をしてくれます。
ただ、設立直前まで定款の細かい内容で相談したいことがありました。なんだかんだで、ベンチャーサポートさんには会社を辞めた2015/11から数回にわたって相談させていただいており、信頼していたので依頼することに。あと、何回もメールとかで聞いておいて、やっぱり別のところに頼みますとはさすがに言えないというのもあり(苦笑)。ただ、最終的に依頼してよかったと思っています。

勉強のために使ったサービス

設立のための勉強には「スクー」を使いました。受講したのは以下のコース。

  • 【はじめての起業」スタートアップのためのバックオフィスマニュアル
  • このコースの3つの授業で体系的に知識をつけて、あとはいろんなネット記事で補足と整合性確認。税理士さんに任せるんだからいいじゃん、という話もありますが、今後どうしていきたいかは自分たちが一番よくわかっているので、全てお任せというわけにはいきません。質問をするにしても、一定の知識がないと質問すら出来ないので、「こんなオプションがあったのか」ということにもなりかねないですから。


    しかも、今回は2人での設立。役員報酬の金額設定などで、社会保険料や所得税等々変わってくるので、僕と隼人のキャッシュや前年度所得等々を考えた時に、どんな設定の仕方が良いのかシミュレーションが必要で、これは自分でやらなければと思い勉強をしました。基本、法人は社会保険料を納めなければいけませんが、役員報酬を0円にすると社会保険料を払わなくて良い(というか加入出来ない)とか、そんな知識を得ながらのシミュレーションです。


    こういうシミュレーションをした上で、税理士さんに確認をとれば、安心感を持って確実に進めることが出来ます。1人であれば、相談事項も少ないと思うので、そこまで税理士さんに相談することもないかもしれませんが。


    いずれにしても、ネットにいろんな情報があり、本当に便利な時代だと思いました。ただ、情報ソースだけには気をつけないとですけどね。