1ヶ月詰めてみて、どうにか出来ました。

1ヶ月集中してサイトを構築していました。なんとかα版としては形に出来ました。

マーケティング、営業、資金調達などなど、やらなければならないことがいろいろある中で、自分も1つくらいはスペシャリストとして力を付けたいと思い、自分でコーディングすることを決意。

なんでエンジニアかというと、自分が最も得意な分野だと思ったから。元々社内SEだったし、ど理系の頭だし。一方で、デザインセンスも文章能力も弱い。であれば、せめてエンジニアリング能力くらいないと、というきっかけ。

画面イメージを紙に殴り書きし、テーブル定義を作って、ER図でシステム仕様をさらに詰める。設計は前職でやっていたけど、データベース構築とか、デプロイとか、プログラミングとか、実際に手を動かすのは初めて。

ログイン、個人ページ、記事投稿などなど、テンプレートも使わず一から作っていくのは、本来は楽しいことなのだろうけど、切羽詰ってるからそんなことはない。起きて1分でパソコンを開く。ご飯も家で食べながらRubyとかBootstrapとかの本を読む。本当に寝ている以外は、ずっとWebのことを考えていた。おかげで、眠れなくなったりして、少しやばいかもとも思った(笑)。

思ったことは、1ヶ月詰めてよかったなということ。他のことと並行していたら、たぶん効率が悪かった。土日関係なく、ずっとWeb開発のことを考えていたおかげで、吸収が格段に早かったんじゃないかと思う。切羽詰っていて、追い込んだから、ここまで出来たんだと思う、ほんとに。

あとは、自分一人でやるとここまで早いんだということ。組織でやると、いろんなすり合わせとかで時間がとられる。でも一人だと、ばっとデータベース作って、あ、忘れてたって感じで、テーブル追加したり定義を変更したり。画面作ってテストしてから、このロジック追加しようかな、と足してみたり。そんなことが自由自在。

もちろん規模が大きくなったら一人では無理だし、これからUI/UXの向上をさせたいから、そこは相談しながら進める。でも、まず第一弾をばっと作ってみるのは大事だと思った。ものを形にすること、これは何かを進める上で大事なんだと思う。アウトプットともいうのかな。

参考までに。
本番サーバ:Heroku
ローカル開発環境:MacOSX、Postgres、Webrick(Herokuに近い環境を意識)
言語:Ruby
フレームワーク:Rails
ライブラリ:jQuery、Bootstrap