先輩に会って、学生に会って、ベンチャーイベント参加

今日は人に会っている時間が長かったです。

まずランチで、スタートアップにジョインした大学の頃の先輩に会いました。その前に、そのスタートアップのサービスを調べて、ネットで情報収集して、何を聞くかメモ。ランチですし、ヒアリングの時になるべくパソコンは開きたくないので、暗記。いろいろ聞きましたが、聞きたいことは聞けましたし、自分のサービスを展開する過程でどんなチーム体制で望んでいくかヒントになる情報もいただけました。ランチも奢ってもらって、オフィスも見学させてもらって、とにかくありがいことこの上なかったです。。

次は4月に就職を控えた学生さんとスタバにて。特定の目的があったわけではなかったですが、共通の知り合いがいたので会わせていただくことに。就職活動のことや、大学生活のことなどいろいろと話しました。あと写真やデザインが好きということで、おしゃれだと思うサイトを教えてもらって、ポイントとか聞いて勉強。デザインセンスゼロの僕なので、今後のアドバイスもお願いしました。とにかくお願いしてばかり。すごく自分の意見をストレートに言う方で、活発そうで、話していて楽しかったです。いろんな年代の方と話して、どんなサービスやデザインを好むのか、どんな考え方を持っているか聞くのは、とても参考になりますし、楽しいですね。

最後はこのイベントに参加。「シードアクセラレータープログラムって何するの?」横文字多めです・・・。要は、ベンチャー支援プログラムがあって、実際にどんな支援内容か説明するから来てくださいってやつです。で、話を聞くと受けられる支援はこんな感じでした。
・3ヶ月間、様々な識者から助言が受けられ、またプレッシャーもかけられる。結果、事業が前に進む。
・1年間、代官山と渋谷(?)とシアトル(?)のオフィスが無料で使える
・出資が受けられる(最大1,000万円)
3点目については、逆に言うと、ちゃんと出資を受け入れてください、という制約があります。つまり、出資先を探すベンチャーキャピタルがスタートアップを囲い込むプロジェクトとも言えます。なので、他のところから出資を受けたいスタートアップは参加しないほうが良いということですね。

一通り説明を受けた後は、「ネットワーキング」です。日本語で言うと懇親会です。近くの人と名刺交換して、「どんなサービス考えてるんですか〜?」と話して、また他の人と話す。皆さんがその後どんな付き合いをしているかわかりませんが、僕は話が合いそうな人とは後日改めて会ったりします。あとは、既にこのプログラムで支援を受けて、サービスをスタートしている人もいたので、空いた隙に聞きたいことを聞きました。(こういう方は人気があるので、みんな空く隙を伺っている)「どうやってユーザ数を見積もったのですか?」「最初の利用者数の拡大はどうやったのですか?」「マネタイズはどのように考えているのですか?」などです。とても参考になりました。いつも思いますが、ベンチャー界隈の方々はほぼ何でも教えてくれます。とてもありがたいです。参考になりました。

合間の時間で聞いた話をメモに残して、頭を整理して、「あぁ今日は金曜日か」と思って、帰ってビールでも飲もうかなと思って、経費節約のために第三のビールを買って帰りました。

今日は、合計で15名くらいの初対面の方々と話しました。こんな感じで人見知りを直す訓練をしていきます^^;


起業・独立 ブログランキングへ