20代で脳は第二の発達をするらしい

「人生は20代で決まる」という本を読んでいます。臨床心理学者のメグ・ジェイという方が書いた本です。個人的に興味深い内容があったので、記しておきます。

人間の脳は下部から上部、後部から前部に向けて発達するそうです。つまり背骨に近いところから発達をして、額のすぐ裏側にある前頭葉というところが最後に発達をします。背骨に近い部分は、本能的な機能を司ります。例えば、呼吸、感覚、感情、快楽、睡眠、飢えなどです。一方で、前頭葉は合理的思考と判断を司るそうです。現在のことだけでなく、不確実な未来、未知のことを考える場所で、白黒はっきり分けられることだけでなく、グレーなことでも自分なりに判断をして前に進めるというような能力を司る場所だそうです。

興味深かったのは10代では前頭葉が発達しきっておらず、20代で成熟状態になるということです。幼少期に脳は発達しきると思っていたのですが、これは言語能力や運動能力などの生活する上で必要とされる部分だそうです。20代で前頭葉が発達するということは、20代にグレーな判断ごとをしていくことが前頭葉の発達を促すということも言えます。この事実から様々なことが言えると思いますが、私が感じたのは、10代では周りの家族や先生が道筋をたててくれますが、20代では自分で判断しなければいけない、というかその方がその人の成長につながり30代以降幸せな人生を送りやすくなるということだと思います。最近は、就職についても大学や親御さんが深く介入するようになっていますが、それはその人のその先の人生を考えたときにマイナスになっているということも言えます。

大学4年生になると同時に就職活動、理系なら大学院に行く、ドクターに行ったら苦労をする、マイナースポーツでは食べていけない、などの常識とされていることや周りの意見。それと相反する自分の興味関心。理性的な部分と感情的な部分。いろんなことに頭を巡らせながら、自分なりの判断をして進んでいかなければいけないのが20代。まさに正解が分からないグレーな世界だと思います。そういう中で判断をするには、自分でじっくり考える時間も必要ですし、いろんな人との出会いも影響すると思います。就職する、学問をもう少し深く修める、海外に行くなど、自分なりの判断を出来る時期がみんな揃うわけはないですよね。と半ば無理矢理に自分の事業コンセプトに当てはめてみました^^;念のため付言すると働かなくて良いと考えているわけではなく、自分に向き合い自分なりの判断をしていくということが大事だと考えているということです。

ただ、1つだけ決まっているのは出産適齢期だと思います。メグ・ジェイさんも、そこはきちんと逆算して考えるべきだとカウンセリングしているようです。やっぱり人生って難しいです。

ご参考までに↓
TED|メグ・ジェイ:30歳は昔の20歳ではありません


起業・独立 ブログランキングへ